講座案内

韓国伝統刺繍

朝鮮時代の刺繍は大きく二つに分けられ、一つは宮繍 (宮中の刺繍)であり、もう一つは 民繍 (民間の刺繍)です。 朝鮮時代の宮女の階級は秘書のような役割が一番高く、次に刺繍を刺す宮女、針仕事をする宮女、続いて身の回りのお世話係、食事のお世話係となっていました。
刺繍を刺す技術は階級として認められていたのでしょう。
アトリエ月麓ではどちらの刺繍もご指導いたしますが、民繍の図案が多いです。刺繍枠に布の張り付けからスタートして、 刺繍の刺し方、糸のより方、 刺繍が完成したら縫製までいたします。刺繍講座は10作品を完成させて基礎終了です。その後韓国伝統刺繍講師を目指す方は規定作品に取りかかります。
趣味で続ける方は、お好きなアイテムの制作をすることができます。エンドレスなコースですので、忍耐と継続は必要です。根気よく長く続ければ必ず上手くなります。

〜 韓国伝統刺繍講座 〜

基礎から始める定期コースです。

募集期間 随時募集
レッスン日 月1回 
第1日曜日・月曜日 午前10時半から午後1時まで
講座料 3か月 10,000円(税込み)  材料費別

刺繍ポジャギ講座

韓国のポジャギには刺繍が入るものがたくさんあり、ポジャギアイテムも豊富です。刺繍制作からはじまり、ポジャギに仕上げていきます。ワンアイテムを期間内に作り上げる講座です。図案は伝統的なものからグローバルなものもありますが、韓国刺繍の技法で刺繍を刺します。レッスン回数は作品によって変わります。

〜 刺繍ポジャギ講座 〜

開催時に募集します。
アイテムによって、講座回数や材料費が決まりますので、募集時に日程と費用をお知らせいたします。
限定キットで行いますので少人数の講座になります。

レッスンのご予約は下記からお願い致します。

  • スタジオ月麓の@Lineはこちらから!

  • アトリエ月麓の@Lineはこちらから!